2018年08月05日

わらべうたと音遊び

image1.jpeg

昨日 土曜日は、琉球大学教育学部

音楽室に行ってきました。


友人のお手伝いとして、特別支援の中の音楽 ていう講座の中で

夏のわらべうた なーみなーみわんわちゃくりを藍染シルク布を使い波を作ってみたり 波を大きく上下に動かしながら 小さな竪琴やグロッケンで簡単な伴奏しながら、うみはひろいな
おおきいなー と童謡を歌ったり、

赤ちゃんからお年寄りまで 幅広い年齢層がたのしめる お手玉のやり方を伝授させていただきました。

虹色の魚の絵本 BGMに、サン=サーンスの動物の謝肉祭より 水族館

を流すとより海の中の雰囲気がつたわり、絵本の世界に入りやすいこととか、絵本の与え方のヒントも!

友人のプログラムは、長年 特別支援学校の音楽教師として指導してきた
経験からでてきた、授業の進め方の工夫や指導の注意点、子供達の実際の反応などもふまえながら、
様々な角度から、導入するため、
音楽教育や、音楽療法は勿論、発声の仕方や ミュージックケアから 体遊びやリズム遊び、幼児教育や保育教材から パネルシアター、ブラックシアター うちわを使ったペープサートやダンス 手遊び、手話など 豊富な指導内容でした。
シャイヤステ先生の絵本 語りもとても興味深く、大人の私ですが、思わず引き込まれて。絵本の中の言葉に音楽がある事、自分自信の声、言葉そのものが音楽になること。音楽って何?という事を広く深い所からみつめる 気づきの講義でした。
posted by コロ at 17:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
免許更新に参加した成田です🎵お世話になりました❗小学校では新学習指導要領が改訂され子供たちに郷土の音楽に親しませることを重視しています。沖縄のわらべ歌をとりいれてみようかと思います✨たくさん学ぶことができた有意義な時間をありがとうございました。
Posted by 成田美雪🎵 at 2018年08月05日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184099734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック